SNSはカテゴリ別に作る 方がいい? メリット デメリット

SNSSNS
スポンサーリンク

SNSはカテゴリ別に作る ざっくりした性格の私は、ブログをひとつにまとめて更新することにしたのですが、SNSは分けた方がいいんじゃないかな?と思うことが。

で、只今、SNSアカウントをカテゴリ別に作るべく作業中です。改めて、そのメリットデメリットについて考えてみることにしました。

SNSはカテゴリ別に作る

 

SNSはカテゴリ別に作る

 

当サイトにお越しいただきまして、ありがとうございます。とてもうれしく思います☆不思議な話系から、ハウツーまでいろいろサイトで語りたいhukuです。

今回のテーマは SNS です。昔は SNSに めちゃくちゃハマっていましたが、最近は ブログ投稿のお知らせに活用したりする 他は、情報収集のために使っている くらいで、自ら 発信することが少なく 活用も 上手 ではありません。

そんな私が、どうして わざわざ カテゴリ別に SNSアカウントをそれぞれ作ろう と思ったか、それについて今回は書いておこう と 思いました。後、複数アカウントを持つことの不便 ( デメリット ) について、一応 メモ書きしておくことに しました。

 

カテゴリ別にSNSを作ったほうがいいのかな…

と、ブログ集客のため SNSを活用しようか考え中の人に、ぴったりな内容の記事となっています。

 

注意 ただし、私自身のSNSは、弱小中の弱小で 風が吹けばすぐ飛んでいきそうな 状態。参考になる記事と 言えるかどうか…(;’∀’) 。なので この記事に関しては 「 一意見 」「 レビュー的な記事 」として、読んでもらえると いいんじゃないかな と思います。

 

SNSはカテゴリ別に作る メリット について考える

 

SNSはカテゴリ別に作る

 

最初に メリット デメリット を書いてから、カテゴリ別にアカウントを作ろう と思う きっかけ となったことについて書きたいと思います。

 

カテゴリ別に、SNSアカウントを作る メリットは、カテゴリに 興味ある人が 情報収集するときに 使う サービスが、Google検索から SNSに移行している状態にあるためです。

 

といっても、全く Google検索を 利用しない訳ではない かと 思うのですが、特に 若い世代が 検索しなくなったという 記事もあり、流れは Google検索から SNSに切り替わっている と 考えることができます。

 

huku
huku

とはいっても、Google検索のためのSEO対策は 必要だと 個人的に思っていますけれども^^;

 

全世代含めて8割以上の人が、なんらかのソーシャルメディアを利用していますが、なかでもLINE・YouTubeは利用者が多く、10~30代の利用率はどちらも9割前後。

また10~20代は、ほかの年代よりTwitter利用率が高く7割前後、Instagramも6割前後が利用しています。

【若年層のSNS利用状況関連の調査まとめ】 テレビは見ないがネット動画は毎日見る。若年層のネット利用状況とは? « SNSマーケティングの情報ならガイアックス ソーシャルメディアラボ
情報源・コミュニケーションツールとして使...

 

今回は、SNSが人とつながる場から情報と出合う場にシフトしていった在り方に迫ります。同時に筆者の提唱する“「ググる」から「タグる」へ”というSNS時代のキーワードについても説明します。

SNSで情報を探す時代へ:「ググる」から「タグる」へのシフト | ウェブ電通報
2019年10月の『SNS変遷史「いいね!」でつながる社会のゆくえ』(イースト新書)の出版を記念して、その一部内容をダイジェスト化してお届けする本連載。 第1回は

 

なので、これからは情報提供側としてSNSを使う場合、しっかり考えてアカウントを作った方がいいと考えることができるかと思うのですが、ただ、これだけではカテゴリ別にアカウントを設定する必要があるとは言えないかもしれません。

情報を収集する場合、わざわざフォローしなくても見てもらえるので、ハッシュタグを利用してタイムラインを活用すればいいだけの話ではないかと思います。

 

フォロワー数拡大して、さらに多くの人に情報を知ってもらいたい

 

ただし、より多くの人に情報を知ってもらえるようにするには、フォロワー数を増やすことが大切になってきます。

 

フォロワー数を増やす場合、専門アカウントにした方が、フォローされやすいという点があるかと思います。(TwitterやFacebookページの場合、特にそう感じます。)

 

ここが、専門(カテゴリ別に設定した)アカウントを作成するメリットになる、…のではないかと思います。

 

一応、私の考察が正しいのかどうか、気になるため、ググってみました。(私はもっぱらググる派です汗)

検索した結果の中に、若い世代の方は、やっぱりカテゴリ別にアカウント作成している内容を紹介している記事を見つけることが出来ました。

 

少し前までは、「Facebookは○○用」「Twitterは○○用」などとSNSの媒体毎で使い分けていた。それがいまの時代、Twitterのような同じSNS媒体のなかで“複数のアカウント”を設けて使い分けることが主流になった

「SNSのアカウント、使い分けてる?」 30代の複数アカウント事情 | 80年代生まれのリアル | EL BORDE (エル・ボルデ) - デキるビジネスパーソンのためのWEBマガジン
家族や友人とのコミュニケーション、情報収集など、さまざまな目的で使えるSNS。そんなSNSを使い分ける「複数アカウント」の利用実態に迫る。

 

huku
huku

やっぱり、そうだよね…と、思いました。

 

 

memo SEO同様、SNSを情報提供として使うなら、カテゴリ別にアカウントを作成したほうが、フォロワー数も増えやすいし、読んでもらえる率が高まるというメリットがある。と考えることができます。

 

SNSはカテゴリ別に作る デメリット

 

もう、これは、一択でしょう。

「 ずばり 管理が面倒である 」ということです。とはいっても、時代的に 複数アカウントを持つ流れになりつつ あるようで、SNSアプリも それに対応したものに なってきています。

ひとつのアプリで 複数のアカウントを 簡単にチェック できますし、別のアカウントで見つけた情報を 別のアカウントでつぶやく なども、前よりも 簡単にできる ( Twitter ) など 楽に できます。

 

それでも、「アカウントが ひとつだったら 楽なのにな 」と思うことがあります。ここが、カテゴリ別にアカウントを作るデメリット で、これが一番のデメリット になるのではないかと思います。

 

huku
huku

私ほどの出不精は、あまりいないと思いますけれど…

 

SNSはカテゴリ別に作ろう と思った訳

 

SNSはカテゴリ別に作る

 

最後に…。カテゴリ別にSNSアカウントを作成する、に賛成した私ですが、かなり 面倒くさがりな、出不精な性格の私が、「何故、SNSをカテゴリ別に作った方がいい んじゃないか? 」と思ったのか ということについて、説明したい と思います。

こういう方向に シフトしたきっかけ があったので、一応 書いておきます。

 

2020年9月の SNSのアカウント状況はこんな感じ

 

今、Twitterは 2つのアカウントがあり、Facebookページは 二つアカウントがある状態です。ただ、毎回 使い慣れているアカウントしか、ほぼほぼ 使っていません。

ふたつのブログの SNS設定を しっかり しなかったため、もうひとつのブログ と、この 雑記ブログの情報更新が、同じアカウントに流れている状態に なっているからです。

 

huku
huku

「きちんとしよう」と思いつつ、「この設定は最後にしよう」と思っていたからだと思う。

 

 

Facebookページの話 もともと専門アカウントだったのに、別のジャンルの記事を流した結果

 

これは、Facebookページの話に なります。ずっと 何年も継続している ( しかし フォロワー数は 一向に ほぼ増えないという ) Facebookページが あるのです。なのですが… このアカウントは、精神世界 という かなり 個性あるジャンルを 取り扱っているページ でした。

このジャンルの情報収集が楽しい時期は、更新頻度も激しいものでしたが、最近、全くといっていいほど手付かずな状態でした。ここに、この、雑記ブログの…「 WordPress関連記事の情報 」を、精神世界 関連の、このFacebookページに 送ってしまっていた のです。

本当は、ジャンルが違いすぎる記事 は、共有しないようにしようと 思っていたのですが、さきほど、精神世界のジャンルページを 確認してところ、二、三記事 流れていたようです。

その結果、少ないフォロワーさんの数が、さらに 少なくなっていた!(´;ω;`)んです…。

 

Twitterでも あるあるな現象

 

Twitterでも、あるあるな現象です。専門ジャンルアカウントを ひとつ作って、あとは プライベートアカウントを 最初に 設定しました。

で、ひとつの専門アカウントは、かろうじて 100人ほどの方が、フォロ―してくださる状態に なりました。ですが、プライベートアカウントは、全く 増えない状態 にありました。

で、後ほど、このブログをリメイクして 雑記ブログとして 作り変えて、その情報更新に、プライベートアカウントを 使うことにしたのです。

ですが、コンセプトのない アカウントは、やっぱり フォロワー数が増えない ようです。最近、もう少し フォロワー数を増やしたい と思い、コンセプトを前より作ってみる ことに。その結果、若干、前より フォロワー数が増えた という結果になりました。

 

といっても、弱小なので、正直参考にならないかもしれませんが、数字的な変化があったのと、ふたつのアカウントで比べてみた話なので、少し参考にしてもらっても 良いんじゃないかな、と思います。

 

ただし、そんなの関係なく、「一つのアカウントで がんがん SNSのフォロワー数を 増やして、世間に対する影響力を高めている人」もいます。おそらく、SNSの活用量が半端ない人たちなのか?とも思うのですが、あまり、そういう人達をフォローしたことがないため、ちょっと わかりません^^;

今回は、ブログを中心とした SNS活用 という視点からの考察、また、調べた内容 となります。

ということで、良かったら?参考にしてください^^

 

 

 


参考になった…と思っていただけた方、
よかったらポチっとお願いしますm(__)m


備忘録・雑記ランキング


 

profile
huku

主婦をしつつ、少しパートをしつつ、そして好きなジャンルのコンテンツを作ることを趣味としている現在(2020年)48歳です。
コンテンツ作りは、2010年アメブロからスタートし、2015年Wordpressを使い始めました。昨年から試験的にYouTube配信もスタートしました。

hukuをフォローする
SNS
hukuをフォローする
Huku

コメント

タイトルとURLをコピーしました